フォローアップ研修Ⅲ(入社5年目)

今年も “入社5年目のフォローアップ研修” が実施されました。

 

◇◇入社5年目フォローアップ研修◇◇

昨年度からスタートした研修。

若手 から 中堅 に差し掛かる入社5年目という節目に、チームにおいて中核的な役割を果たすためのスキルは何かを理解し、今後のキャリアプランを考える。

 

 


今年度は、入社5年目+若手中途社員 計12名 が参加しました。

全3回実施される入社5年目フォローアップ研修の1回目は、1泊2日で “アウトドア・アクティブ・ラーニング” というプログラムを行いました。

 

◆◆アウトドア・アクティブ・ラーニング◆◆

社会人に必要とされる コミュニケーション能力 および リーダーシップ・フォローシップ を小グループによる “野外活動” を通して体得し、自発的・主体的に物事を進め、チームとして結果を出すことができる能力を伸ばすことを目的とする。

 

 

 

グループ内で担当を分け、野外活動で必要なスキルを身に付けます。 


それぞれが身に付けたスキルを活用し、出される課題をチームでクリアしていきます。

目的を理解し、良い研修となったのではないでしょうか。

次回、5年目フォローアップ研修の2回目は、11月2日に実施されます。

 

集合写真
集合写真

また様子をお伝えできればと思います。


2019年度内定者懇親会

10月2日(火)、2019年度新卒内定者を集めた懇親会が行われました。

 

前日の日本列島は猛烈な台風。地方から来る内定者も多いため移動が心配でしたが、当日は無事16名の内定者が参加してくれました!

 


内定者同士が顔を合わせるのはこの日が初めて。

 

最初のうちは緊張感がこちらにもヒシヒシと伝わってきました。

 

自己紹介・他己紹介で緊張がほぐれた後、交流を深めてもらうためのグループワーク。マシュマロ・チャレンジというゲームに取り組んでもらいました。

 

 


パスタ、テープ、ひも、マシュマロを使って自立可能なタワーをたててもらうこのゲーム。もっとも高いタワーを作ったチームが優勝となります。

 

初めて会った者同士で、コミュニケーションをとり目標に向け役割分担してひとつの成果を出す・・・と、書けば簡単ですがやってみると案外難しいですよね。

 

悪戦苦闘しつつも最後はどこのグループも盛り上がっている様子でした!

見事!高さ89センチ
見事!高さ89センチ

最後に小野恊 代表取締役社長も登場。内定者の皆さんへ今後の期待を込めたメッセージが贈られ、懇親会は終了しました。

内定者の皆さん、1日本当におつかれさまでした!

来年皆さんの入社を楽しみにしています!



UCSミャンマーレポート vol.3

UCS採用担当の本田です。

先日、採用活動の一環としてミャンマーに行ってきました。

 

今回は計9名のミャンマー人候補者の面接を実施。採用された方は来年3月に来日し、UCSの新入社員として迎え入れられる予定です。

 


続きを読む

2018サマーインターンシップ

8月20日~8月24日、UCSサマーインターンシップが開催されました。

 

今回ご参加いただいたのは大学3年生11名。なかには山口県からお越しいただいた学生さんも!遠方からはるばるありがとうございました。

 


続きを読む

基本情報技術者試験 合格者表彰!

先日、本社朝礼にて基本情報技術者試験 合格者の表彰が行われました。

 

続きを読む

新人研修成果発表会

今年の新入社員が入社し早3か月・・・

6月29日には新人研修の締めくくりとして成果発表会が行われました。

 

続きを読む

2018年度 入社式

4月2日、春らしい陽気の中、2018年度の入社式が執り行われました。

 

今年はミャンマーから来た3名を含め、18名の新入社員を迎えることができました。これでUCSの社員数は計301名に。目標としていた300名をついに超えました。

 

入社式では社長や役員からの歓迎のあいさつのほか、新入社員の配属先も発表されました。

ひとりずつ名前を呼ばれ、事業部長と対面する新入社員たち
ひとりずつ名前を呼ばれ、事業部長と対面する新入社員たち

午後からは各配属先事業部に分かれ、部門長から事業部の特徴や現在の概況について説明を受けました。

真剣な眼差しで説明を聞いていました。
真剣な眼差しで説明を聞いていました。

新入社員はこれから3か月間、社内での新人研修となります。


今年は新入社員18名のほか、この業界とは全く異なる業種/職種からキャリアチェンジで転職してきた中途社員も3名研修に加わります。 総勢21名、過去最多人数です。

 

また順次、新人研修の様子もアップしていきたいと思います。


続きを読む

バックナンバー