No.002|A.Yさん



― 現在の仕事内容について教えてください。

 

クレジットカードの残高管理システムの開発・保守に携わっています。

プロジェクトの要員は社内で15人程度、その他にもお客様や協力会社の方と直接会話をしながら作業を進めています。

 

主な業務は仕様変更に伴うプログラムの改修やそのテスト等で、不明な点は都度確認しながら進めていきます。

また、業務の中には実際のクレジットカードの利用情報を直接扱う作業もあります。

実際の利用情報を扱う場合、一つのミスでも即障害につながってしまうため、細心の注意を払って作業を行っています。

 

 

― 日頃仕事をする中で心掛けていることは何ですか?

 

何に対しても確認することを常に心がけています。

メールを送信する前に添付資料にパスワードがかかっているか確認する等、慣れてしまっている作業でも実行する前に一度立ち止まって確認しています。

 

ミスは品質を低下させるだけではなく、取り返しのつかない障害にもつながります。

現在携わっている案件のクレジットカード会員数は5000万人以上で規模が非常に大きいので、特に慎重に作業する必要があります。

また、スケジュールが進んでからミスが発覚すると、後続の作業を全てやり直す必要があり、時間と手間がかかります。

何事も確認することを心がけ、ミスのない確実な作業をすることで、お客様からの信頼が得られると考えています。

 

 ― どんなことに苦労しましたか?

 

作業期限を守ることです。作業遅延は多くの方に迷惑をかけてしまう為、万が一遅れてしまいそうな場合は早めに報告したり質問をしたりして助けを求めることが大切です。

早めに情報を共有することでスケジュールの調整やお客様への対応等といった相応の対処をすることができ、時にはチームのメンバーが解決に導いてくれることもあります。

 

また、厳しい局面を乗り切る為に体力も必要です。

 

最近は特に日頃の体調管理の大切さを実感しています。

 

 

― IT業界は男女比が8:2と言われていますが、働く環境についてはいかがですか?

 

働きやすいかどうかとは違うかもしれませんが、女性だからと言ってやりたいことができないというようなことはないと思います。意見や希望は自分から発信することで男女関係なく考慮してもらえる環境だと思います。

 

 

― 最後に就職活動中の方に向けて、メッセージを!

 

IT業界はどんな仕事をしているのかなかなかイメージがつかみにくい業界だと思います。

ですが、実際には自分が日頃利用しているカードや銀行等といった身近な企業のシステムに携わることができるため、興味をもって取り組める仕事内容だと思います。

身近なシステムがどのように動いているのか、興味がある方にはおすすめです!